よく聞く、外国人用の専門医コース。コースを出たらスウェーデンで働けるの?

巷でよく聞く
ヨーテボリ大学の外国人用のコース。
この”外国人”コースを出てできること、スウェーデンの専門医との違い、このコースを出るとスウェーデンで歯医者として働けるようになるかを調べてみました。

私が調べたのはヨーテボリ、カロリンスカ、マルメ大学の外国人用のマスターコース+専門医教育です。
(ウメオ大学には外国人用の専門医コースはありません。スウェーデンの歯科医師のための4年コースのみ存在します。)

以下を参考にしました。

ヨーテボリ大学 (サールグレンスカアカデミー)
さらに詳しい情報

カロリンスカ
矯正
エンド

マルメ

まずは有名なヨーテボリ大学ですが、
今行われている外国人用のコースはペリオ矯正の3年間の専門コースのようです。

申し込みに必要なのは、
1, 信頼できる教育機関でD.D.SかD.M.Dを取っていること。(日本で歯科医師になっていれば大丈夫だと思いますが・・・)
2, 2年以上の一般歯科経験があること
3, 英語ができること(書くのも話すのも)

で、ヨーテボリ大学のページによるとかなりの量のドキュメントを提出するようです。(詳しくはホームページを見てください)
そして面接があるようです。

スウェーデン在住者向けのコースではないのでお金がかかります。
2016年の時点で、

Orthodontics 矯正

SEK 360,000/year (2016)
1年で約460万円です。

Periodontology
SEK 301,000/year for dentists from EU/EES countries (2016)
SEK 350,000/year for dentists from non-EU/EES countries (2016)
EUの歯科医師は1年で約390万円
EU外の歯科医師は1年で約450万円です。

ということはこれ×3がコースにかかります。
これに加えて、住居も個人で払うようです。

The specialist training programmes in dentistry may be financed through a public sponsor/employer in the resident’s home country, by a company or by private means.
とあったので、個人で申し込むこともできますが、スポンサーや自国の雇用主、会社に払ってもらうケースもあるようです。

コースの詳しい内容はホームページをご参照ください。
全て英語のコースで講義、プレゼンの発表、テストもあるようです。
臨床に重きを置いているようで、ペリオの場合は週に20時間の臨床があり患者さんを3年間で80人~100人担当するようです。
矯正は週24時間の臨床で約120人の患者さんを担当するようです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いてカロリンスカはどうでしょう。
カロリンスカは非常に情報を探すのが難しく、さらにホームページをみてもはっきり情報が書かれていませんでした。
”Master’s courses & Clinical Specialisation in 矯正、エンド”というのを見つけました。
あるのはエンドと矯正で、定期的に行われているかどうかも不確かです。
見つけたのは2017年から2020年の矯正のコースと、2018年から2021年のエンドのコースです。どちらも3年半です。
エンドは見つけられなかったのですが、矯正は
600.000 SEK/year for the Specialist Training Programme in Orthodontics 2017-2020. The cost of the 7th and final semester will subsequently be 300.000 SEK.

ということで、1年に約770万円、最後の半年は約380万円・・・
3年半で約2700万円のコースです。
家が買えますね!

コース内容は、上のリンクを参考にしてください。
応募に必要な条件もほぼヨーテボリと同じです。
全て英語のコースで、
例えばエンドの内容は

Content
The master’s courses comprises three and half years of full time study conducted in English and follows a fixed timetable. Each week involves at least five half-day sessions with patient related clinical activities and one day with theoretical education. The clinic is equipped with the latest tools for modern endodontic dentistry i.e., digital radiography, ultrasound equipment and individual microscopes are available at all working units. The clinical activities include endodontic microsurgery every week. The remaining sessions are reserved for research, self-study, teaching, external courses and congresses. Each student has a tutor with extensive scientific, clinical and pedagogic experience making the studies highly individualised. Each resident will treat a minimum of 100 patients; most of the patients are adolescents. The treatments comprise the whole panorama of the endodontic field.

こんなかんじです。だいたい100人の患者さん(大部分が若年者)を担当するようでう。
ただし、カロリンスカのコースは個人で申し込むことができるかどうかがわかりません。もしかしたら大学や会社にスポンサーになってもらって行くコースなのかもしれません。
とにかく情報が得にくかったです。
私が働いている国民歯科で患者さんをよくカロリンスカのエンドに送るのですが、先生が「英語しか話せない先生もいます」と説明しているので、スウェーデンの免許を持つ人たちの専門医コースを受けている先生たちと一緒に臨床をしているのかもしれません。
カロリンスカに通い始めたらぜひ確認してみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後にマルメ大学。
マルメは2年のマスターコースと4年のマスターコース+臨床のコースがあります。科目はエンド、補綴、ペイン、矯正、小児、ペリオがあるようです。
4年のコースはだいたいヨーテボリとカロリンスカと似ており、毎週20時間の臨床で80人から100人の患者さんを担当するようです。

こちらがコースの内容です。
値段は1年約480,000krで約620万円です。
応募要項などはこちらから。現在は応募していません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、これらのコースが終わったらどうなるのでしょう。
それぞれのコースについて調べてみました。

マルメ:Degree and Certificate

Following successful completion of the final examination, the graduate will be awarded:

  • Master of Science in Dental Science (MDSc).
  • A Certificate of Specialization, corresponding to the Swedish specialist exam issued by the National Board of Health and Welfare.マルメではSos(スウェーデンの厚労省)からの専門医の証明書がもらえると書かれていますが・・・

    カロリンスカ:Examination, certificate and degree

    A Certificate of Specialisation in Endodontics and a Master of Medical Science (120 credits) with a Major in Odontology
    is awarded after three and half years of full time studies, with acceptable performance in all separate parts and a pass in the final examination (conducted by an external examiner in presence of the Head of the Division of Endodontics).
    ここ注意です!→” Legitimacy to work as a specialist in Sweden can only be given by the Swedish National Board of Health and Welfare to dentists who are registered as fully licensed dental practitioners in Sweden at the commencement of specialist training.”

    カロリンスカのページには、専門医の証明書は、スウェーデンで歯科医師免許を持っている者にしか与えられない、と書かれています。
    ということは、EU内の歯科医師でスウェーデン語のレベルがC1の人のみがスウェーデンの専門医の証明書をもらえるということでしょうか。

    ヨーテボリ:

    …Following successful completion of the final evaluation/examination, a Diploma in Periodontology, Periodontics and Implant Dentistry from the European Federation of Periodontology (EFP), as well as a University Diploma in Clinical Periodontology will be issued.

    ”A Certificate of Specialization in Periodontology will also be given to successful postgraduates from EU/EES countries.”

    なるほど、やはりEUの歯科医師はこのコースで専門医の証明書がもらえ、スウェーデン語をC1まで終わらせればスウェーデンで歯科医師免許がとれ、専門医として働けるということなのでしょう。

(これはEUの規定によってEUで教育を受けた歯科医師はスウェーデンで免許が使えるからです。)

EU外の歯科医師は残念ですが、スウェーデンの歯科医師免許がないので歯科医師及び専門医としては働けないようです。

———————————————–
したがって、EU以外の歯科医師が外国人専門のコースをとると、
大学の”専門医のコースのマスター(修士)という学位がもらえるということのようです。
専門医ではないけれど、マスターディグリーを持っているということになっているようです。
ただし、日本の歯科医師は大学を卒業するとマスターがもらえるので、ダブルマスター、ということになりますね!

ちなみにスウェーデンで歯科医師免許を持っている人は、一般歯科で2年働いた後に専門医コースに申し込むことができ、3年~5年(口腔外科)の教育を受けSos(厚生労働省)から専門医の免許をもらうようです。

スウェーデンで外国人の”専門医コース”と言っていてもEU以外の人は”専門医の勉強をして修士を取るコース”になると知り、とても勉強になりました。
スウェーデンで専門医として働くためには、私が前に記述した3つの方法のどれかかにより歯科医師免許をまず取得することが必須です。

日本人は専門医コースを出てもスウェーデンでは働けない!がこの記事のタイトルの答えです!

 

Author: Y

2012年に都内歯科大を卒業。 その後しばらく働き、 2016年2月にストックホルムに移住。 スウェーデンの歯科に興味を持ったのは大学3年生のカリオロジーの授業のとき。 スウェーデンの歯科の実態が知りたい!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *