Åkte akut. 救急へ行った話。(補足あり)

今回は歯科とは関係ない話なのですが・・・

先週の月曜日、なんと夫Aが救急車で救急(Akut アキュート といいます)に運び込まれました。
その日は昼の2時ごろからおなかの痛みを感じていたAですが、休み休み働いていたそうです。私が夕方帰ってくると、おなかの痛みは強くなったそうですが横になれば治るだろうということで少し横になり、
私はその間に犬の散歩へ。
散歩から帰ってくるとなんと浴室でAが倒れていました!(意識あり)
よく聞くと、気持ちが悪くて吐こうとしてたら痛すぎて失神したとのこと。
痛みでおそらく過呼吸になり、手足がしびれ、さらに痙攣しており私もパニックに。
私が『112(日本の119)に電話しようか?』ときくと、『うん・・・』とのこと。
え!そんな救急車呼ぶほど痛いの!!と驚きつつも112に電話をすると
オペレーターが症状をきき、意識もあるしあまり危ない状態でないと判断したらしく『痛み止めを飲んで様子を見てください』とのこと。
一応痛み止めを飲み20分ほど様子を見るも全く良くならないため再び112へ・・・
すると今度は優しいお兄さんが出てくれていろいろ指示を出してくれました。
少し問診され、すぐに看護師さんに代わってくれ
お腹を押して固いか柔らかいか、顔色、冷や汗をかいているか熱はあるか、嘔吐したかなどを聞かれ答えてるうちに少し落ち着いてきたようです。
すごく緊急なわけではないので、救急車を手配しますが1時間くらいかかりますとのこと。
お義父さんが駆けつけてくれ、Aの様子を見つつ犬の世話をしているうちに救急隊が到着。
1時間くらいかかりました。その間ずっと廊下に横になるA。
時すでに21時をまわっていました。

救急隊の人は熱を測り、血圧、血糖を図りお腹の音を聴診器で聞きまとめたあと救急車でSös(Södersjukhuset 南病院 )に搬送してくれました。

病院についたのは21:30でした。

待ち時間は何時間だったと思いますか?

なんと16時間待ちました。

しかもずっと廊下でストレッチャーに乗せられて。

面白かったのが、スウェーデンに住む人たちは待たされているのに慣れているのかみんな本などを読みながら(痛がりながら)あきらめた顔で待っていました。
尿路結石の方は痛みを我慢しながらなんと20時間近く待っていたとか・・・さすがにその方は激怒していました。
後ろに座っていたおばあさんは、ずーっと文句を言っていましたがそのうち疲れて黙っていました。
痛すぎて、泣きながら授乳している方も。ベビーカーを押して痛みが強いことをスタッフに伝えに行くも、スタッフは冷たく『そこで寝ててください!』と言っていました。ベビーカーを泣きながら押すお母さんを見てすごく悲しい気持ちになりました。
そのあとしばらくしてスタッフがその方のもとへ行っていたので安心しましたが。
Sösの近くにはアルコール依存症、麻薬中毒者用の施設があるためか
ドラッグをやっていたりお酒のせいで運び込まれている方たちがかなりいました。
その人たちはじっと座っていられないで裸で歩きまわったり、大声を出したりしてそのたびにスタッフが5人ほど駆けつけてお世話していたので効率が悪いなと思いながら見ていました。
警察や守衛さんも何度も来ていました。

22時から24時ごろまでは医師が5、6人ほどいたのですがみんなどんどん帰宅していき、最終的には2人ほどで回していました。
『今日のシフトはもう終わり!!』と明るく帰っていくスタッフに舌打ちしている方もいました。

24時ごろに准看護師の方が採血し、
5時に部屋に入れてもらい
6時に医師が診察、
9時20分にCTを取り、
10時半に医師が『虫垂炎』と診断、入院が言い渡されました。
そこからまた廊下で13時半まで待たされ、ようやく病室に入ることができました。

私は10時半の診断結果を聞いた後に大学に直行しました。

そのあとはあっという間でした。穿孔もなく、簡単なケースだったらしいので同じ日の22時に腹腔鏡でオペ、なんと次の日の13時ごろ退院です。
目が覚めてすぐに歩いてくださいと言われ、トイレに行けと言われ、ご飯も食べ、あっという間に家に帰ってきました。
病室に入ってからは、スタッフの感じもよく、Aはびっくりしたそうです。
しかも無駄に入院させないので回復も早くとても満足です。

実はこちらで医師の方々と知り合い仲良くさせていただいてるのですが
すごく相談に乗ってもらい本当に心強かったです。
スウェーデンに住んでいる日本人医療資格職はあまり多くないので、それでつながりが持てて日本では絶対に出会うことのなかった方たちとも交流ができとても楽しいです。
さらに語学学校で、ロシア人医師の子と本当に仲良くなりました。
いつもお世話になっている2人のお医者さんとロシア人の子にすごく励ましてもらって冷静なアドバイスをもらい、どれほど安心したことか!!!
人とのつながりは、スウェーデンに来て良かったことの1つです。

そしてこちらで活躍されている先生にいろいろ話を伺ったのですが
アキュートは完全に人手不足、
さらには病院によっては病室も足りず、麻酔看護師やオペ看の不足によりオペができなくなることもあるとのこと。けれど経済的な理由などで新しく人を雇うのも難しく、さらには看護師さんは本当に大変な仕事なのに業務とお給料が全く合っていないのでのでどんどん人気がなくなっているようです。

歯科のほうもすごくお金と人手が足りていない・・・というのはすごく感じています。

でもこの問題、だいぶ前から議論されているようなのですが一向に改善する気配はないようです。
技術や医療の水準はとてもいいのに、システムに難ありな気がします。

そういえば授業で、(歯科の場合はですが)スウェーデンは健康な人をより健康に保つのは得意だけれど、病気の人を守るのはあまり得意じゃないといっていたのでそういう風潮がこの国にはあるのかもしれません。
(あんまり言いすぎるとスウェーデンに幻想を抱く方に文句を言われてしまいそうですが)

住むのと外から見るのではだいぶイメージに差があるスウェーデンです。

もちろんアキュートでも優先度が高い状態の方は優先されるのですが、優先度が低くても痛みがある状態で16時間も待つのは嫌だな・・・
さらにたくさんの人からマイナスなことを聞いているので老後はやはり日本のほうが安心なのかな・・・なんて思います。

なんだか怒涛の1週間でした。

今回の費用は
救急の料金 400kr
CT代 200kr
部屋代2日 200kr
合わせて800kr (約1万千円)でした。
オペ代はタダです。

日本でよく言われている
病院にかかるのは無料、というのは違いますのでご注意を!
(医療自体は無料のようですが)

スウェーデン語なのですが、料金表のリンクを貼っておきます。

なにしろAが無事に元気になってよかったです!

———補足———–

救急車を呼ぶのが今回難しかったのは、Aの意識がありあまり緊急性が高くないと判断されたからだと予想されます。
1回目に112に電話した際は、なるべく救急車を利用してほしくないという意図が感じられました。(この人の対応はかなり微妙でした。)
ほかの緊急性が高い人に救急車がいきわたらなくなってしまうのを防ぎたいのではないでしょうか。それはどの国でも同じなのではないかと思います。
(日本でも緊急性が高くない人がタクシー代わりに救急車を使用し、本当に必要な人が使えないなんていう話を聞いたことがあります。)
しかし、痛みで気を失いのたうち回り、手足がしびれている様子を見てしまうと
私はパニックになって112に電話するしか方法がありませんでした。
しかし、電話はAと私の両方でスピーカーにしていたので、電話に出た方は
Aは話せるし、大丈夫だろうと思ったと思います。
もしここでAが息をしていなかったり、意識がなかったり、さらに例えばどこかが麻痺したり、視界が消えたり、もしくは何かもっと緊急性の高い症状を示していればすぐに救急車が来たかもしれません。

その一方で、これは義母(大学病院で働いています)から聞いたのですが、112の対応が悪くて亡くなってしまったケースもあるので112があまり信用できないと説明していました。
そういったケースを救うために手あたり次第救急車を出すのか、
それとも本当に救急性の高い人のみを拾うために112でなるべく判断するのか
ジレンマだと思います。

今回はAは、歩くことはできないけれど安静にしていれば痛みが落ち着いており、2回目の112の電話の際に『救急車1時間かかってしまいますが、大丈夫ですか。もし急変したら電話してください』と言われた時も、
1時間横になって待つことができたので、それでいいとお願いしました。

本当に待てなければすぐに救急車は来たのではないかと思います。

私たちは今回幸い”生死をさまよう状態”ではなかったので救急車を1時間待ったという事実しか書けません。

本当に重症な人に救急車が救急手配できないかもしれないけれど、できるだけ患者さんの希望を聞いて、すべての患者さんに重症でなかったとしても救急車を手配する日本と
重症ケースを見逃すかもしれないけど112でスクリーニングして、本当に重症らしい人にだけ救急車を救急手配するスウェーデン。
どっちもどっちですが
どちらも患者さんのことを考えた結果なのではないのでしょうか。
答えはないですが、待たされたほうは日本がいいと思うだろうし、
重症なのに救急車が来なくて家族を亡くしてしまったりすればスウェーデンのほうがいいと思うのではないでしょうか。

救急車の料金は、ストックホルムでは無料でした。
ただ、調べてみたところ、地域によっては救急車の搬送代(私が見た県は150kr)がかかるところもあるようです。

料金はCTは撮影前に200Kr払いましたが、
救急の料金・入院代は後で請求書が来て支払いました。

1177という医療のサイトでは、Aのカルテを見ることができ
手術の様子から術後の様子まで事細かに知ることができました。
(患者さんがカルテを見られるシステムは徐々に全国に広がっています。もちろん、癌などの病気に関してはいろいろと決まりがあって、患者さんの不利益になるようなことは避けているようです。)

私は、スウェーデンの医療の水準は優れていると思います。
無駄がない入院のさせ方にもとても共感しました。
しかしシステムのせいでそれがうまく表に出ていないようにも感じています。
(歯科は逆で、システム(特に予防の)がいいので問題があったとしても世界にいいイメージを与えているように見えます。)

実は、Aが今回入院する前、私が足を怪我してカロリンスカの救急に行ったことがあります。その時は朝5時ごろに自力で救急に行ったのですが、1時間も待たずに見てもらえました。
医師も大変感じがよく、手際よく診察・診断・そしてその後の対応まで考えてくれ非常に安心しました。

なので、救急で待たされるかどうかは運にもよると思います。
(待たされることのほうが多い気はしますが・・・)

———————————

今回書いたことはあくまでも私たちが体験したことなので、すべてのケースがそうであるとは言えないのをどうかご了承いただければ幸いです。

 

Author: Y

2012年に都内歯科大を卒業。 その後しばらく働き、 2016年2月にストックホルムに移住。 スウェーデンの歯科に興味を持ったのは大学3年生のカリオロジーの授業のとき。 スウェーデンの歯科の実態が知りたい!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *