気になった記事。

ネットで興味深いニュースを見つけました。

元の記事はこちら

記事の内容をざっと紹介すると
ストックホルムの国民歯科で、休憩中に母国語(スウェーデン語ではない)を話していたスタッフがボスから注意を受け、さらに『雰囲気を壊している』と言われたことに対してDiskrimineringsonbudsmannen(差別オンブズマン、以下DOと言って差別を受けたと感じた人が訴える政府機関です)に訴え、DOは
『国民歯科のポリシーとして、スウェーデン語が共通言語というのがあるがそれは仕事上のコミュニケーションを円滑にするためのポリシーなので、国民歯科内で母国語を話すのを禁止するのはやりすぎだ』という判決を下した、ということです。

私は国民歯科で働いていますが、”仕事中はスウェーデン語を話す!”ということは毎週のミーティングごとに厳しく言われていました。
国民歯科のポリシーとして基本的にスウェーデン語のみを話すこと。患者さんがスウェーデン語を話せないときはもちろん患者さんの母国語を話せるスタッフがその言葉を話すのは患者さんのためなのでOKだがそれは例外で、それ以外はスウェーデン語のみが話されるべき!
というのが私の働いている国民歯科での決まりであり、みんなが守っていることでした。
この決まりは私の職場では本当にきちんと守られておりすごく居心地がいいです。

なのでこのようなニュースを見て少し驚きました。

こんなニュース、日本では絶対にありえませんよね。
日本ではほとんどの人が日本語が母国語であり、職場にも日本語を話す人しかいなかったため私はこのような問題が起こりうるなど日本にいるときは考えたことがありませんでした。
今になって、大多数が同じ言葉・文化を持ち、そのためだいたい同じ倫理やモラル・道徳をもつ人々が暮らす社会で働くのがどんなに幸せなことだったかと痛感しています。(その分、足並みをそろえなければいけないので違う苦労はありますが)

スウェーデンは多民族国家。移民がものすごく多い国です。
文化も言葉もさまざまです。
特に今は大量に難民(自称難民含む)を入れたためにアラビア語を話す人が相当数います。

今通っているKUTも16人中12人がアラビア語が母国語の学生で、4人のみがアラビア語を話せないという状況ですが
昼食中・休憩中・さらには授業中のデスカッションまでスウェーデン語が話されることはほぼありません。私たち4人がその場にいてもそれはお構いなしです。

先生方がそれを見かねて、『コーヒーカップを持っていないときはスウェーデン語を話しましょうね!(休憩中以外はスウェーデン語話してね!)』と何度も言っているのですが、一向に改善されることがありません。

私たちも最初は『スウェーデン語話してよ!』と言っていたのですが、はじめ少しスウェーデン語を話したらすぐにアラビア語に切り替わってしまうので、そうすると全然わからずにものすごく居場所がない気分になります。

海外に住み、海外で活躍されている先生方はたくさんいらっしゃると思います。
留学されている場合はおそらく英語が共通言語になり、英語(もしくは母国語)を学ぶのが条件であり
周りの言っていることがわからないのは英語力が足りないから、スウェーデン語力が足りないからと悲しくなることはあるかもしれませんが
それは自分の努力次第で改善できる可能性があることだと思います。

しかし、スウェーデンに住みこちらで働くのに必須なスウェーデン語を学び
スウェーデン語を使って働くことができるようになったにも関わらず
この国の言葉とは全く関係のない言葉を周りが話すために理解できず悲しくなるのはなんとも言えない気持ちになります。私の努力次第ではどうすることもできないからです。スウェーデン語なんて話せるようになったって何にも言ってることわからないじゃないか!となります。

この『言葉がわからずどうしようもない』というのは本当に気まずい雰囲気で、とっても居心地が悪くなります。
話にもついていけないし、トーンによっては悪口を言われているかと不安になることすらあります。

日本人同士でスウェーデン語や英語を話すのは私も苦手ですが自分がこのような環境に置かれるようになってからこの気まずさをしり、気を付けるようになりました。

先日私の尊敬する日本の方と、友達のロシアの子とご飯を食べた時は
すごく恥ずかしかったけれどみんなでスウェーデン語を話しました。
これはマナーであり、周りへの気遣いです。

そういう点では、スウェーデン語が話せない人の前でぱっとみんな英語に切り替えてくれるスウェーデン人は本当にすごいと思います。

恥ずかしい気持ちもとてもわかるので、クラスメイトがアラビア語を話す気持ちも100%理解できますが、なるべくみんなのわかる言葉で話してほしいです。

この件について夫Aと話したところ、
スウェーデンに来てスウェーデン語が公共語の職場でスウェーデン語を話さないのはおかしいと思っているようです。
Aによると、スウェーデン人のなかでもこのように思っている人は結構いるけれど
何か移民のことについて意見するとすぐに『差別!レイシスト!』と騒ぐ人々がいるので誰も何も言えないのではないかとのことです。

スウェーデンではポリティカルコレクトネスにぐるぐるに縛られてしまい好きなことが言えない国になっている印象です。
(もちろん、人を傷つけるような言葉や本当の差別はNGですが、この移民のことを少しでも言うと差別だ!という雰囲気が漂うのはちょっとどうかと思います・・・)

ちなみに現在、9月にスウェーデンの歯科テストKunskapsprovで落ちてしまった受験者が、テストのあらを探して”証拠”を集め、テストを作ったカロリンスカは外国人歯科医師を差別しているいうことをDOに訴えようとしています。
カロリンスカの担当の先生に聞いたところ、今回のテストは合格者も多くとてもうまくいった!と言っていたので落ちた数十人が何とか勉強しないで免許をもらおうとしているのではないかと思います。落ちた受験者の言い分は、テストのシステムが悪い・採点の方法がおかしい・テスト合格の基準が高すぎる・イギリスの国家試験に受かったのにスウェーデンで落ちるのはおかしい・スウェーデンは外国人歯科医師が働くのを妨げようとしている・何度もテストを受けて全部落ちるテストはおかしい etc…といった感じです。
つっこみどころ満載で思わず苦笑してしまう内容ですが、これが”差別”と本当に訴えられる社会なんです、スウェーデン。
→これに関しての記事が歯科新聞に載りました。ただし、証拠不十分により、DOやSOSは相手にしていないようでした。

※訴えるのは自由ですが、それをDOなどの機関がチェックして却下されることも多くあります!

そもそも、テストはその人がスウェーデンで働くのに十分な能力を持っているかを測るものなので、合格基準を下げるというのはテストの趣旨から外れますし、今のシステムは前のシステムからだいぶ改善されて成功すれば早く免許が取れるようになったのでスウェーデンは外国人歯科医師に意地悪をしているわけではありません。

基準に満たない歯科医師を働かせるのは危険、というのは外国人歯科医師だけでなく全員に適用されます。
それを差別、だなんて。

書ききれない思いはたくさんありますが、本音を書いてしまうとポリコレを振りかざす人にレイシスト扱いされてしまうのでここまでにしておきます。

※最近このような記事をSNSに紹介してくれる人もいるようなのですが、
こういう記事を日本のヘイトスピーチや差別と絡めてゆがめた形で拡散されるのはとても不本意です。
このブログは私が日々スウェーデンで過ごして感じたことを綴っており、私が見ている世界の出来事ですので、かなり主観の意見が入っています。偏った意見になってしまっている可能性があり、私の意見はスウェーデン在住の方すべての意見とは一致しないことをご了承ください。

Author: Y

2012年に都内歯科大を卒業。 その後しばらく働き、 2016年2月にストックホルムに移住。 スウェーデンの歯科に興味を持ったのは大学3年生のカリオロジーの授業のとき。 スウェーデンの歯科の実態が知りたい!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *