仕事が始まった!

ついについに、スウェーデンで歯科医師として働き始めました!
ついに念願のLeg. tandläkare(免許を持つ歯科医師)のタイトルの名札をもらい先々週から始まりました!
それが想像以上にハードで、さらに毎日慣れないことだらけ。。。
ヒィヒィ言いながら働いてます!

今一番つらいのは、スウェーデン語です。
思うように説明できない、うまい言葉が出てこない、日本語と同じようにはいかず苦労しています。
それから、カルテの記載、カルテシステムにも一苦労。。。
慣れないというのもあるのですが、記載することやシステムのルールがとても多くまだまだ時間がかかってしまいます・・・。

職場に就職が決まったときに、エンドが好きだからエンドをたくさんやりたい!といっていたので上司が『じゃあマイクロを買わなきゃね』と言ってくれていました。さらに、働く前からエンドの患者さんをたくさん予約してくれていました。
ところが、働き始めてマイクロをいつ購入してくれるのか聞いたところ『クリニックの経済状況がよくなったらね~』なんてはぐらかされてしまっていて、マイクロがなくて難症例ばかりを予約されていたので、結局何もできず専門医をお勧めするということになってしまっていました。
その為、エンドをたくさん予約されても患者さんのためになることができず、しかもマイクロは買ってもらえなさそうだったので最悪マイクロがあるところに移動しようかと迷っていました(両隣の駅のFTVにはマイクロがあります)。
それが、先週!
上司に呼ばれ部屋に行くと『マイクロ、FTVの本社が買ってもいいと言ってくれたから、もう少ししたら頼めそうだよ、まだみんなに内緒ね。』と言われ、そして次の日に『マイクロ注文したよ!』と言われたのでビックリしました!!!

9月の中旬に来るようです。とんとん拍子で事が進んでとても嬉しいです。

FTVでは、歯科医師と歯科助手がペアになって働きます。
私の担当の歯科助手さんはベテランの優しい女性で、すごくすごく頼りにしています。彼女がいなければ、今まで仕事にならなかったことでしょう・・・
歯科助手さんは歯石を取ったり、浸潤麻酔をかけたり、レントゲンも撮れるので
時間がないときは助手さんに色々なことをお願いすることができます。
実際、彼女のほうがレントゲンを撮るのが上手なので、いつも指導してもらいながら撮っています・・・毎日感謝してます。

週に40時間働いていますが、しばらくぶりにフルタイムで働いているのでかなり疲れます。(しかも7:30に仕事が始まります・・・そしてランチは30分・・・)でも、これからこちらで活躍できるように頑張りたいと思います!!

Author: Y

2012年に都内歯科大を卒業。 その後しばらく働き、 2016年2月にストックホルムに移住。 スウェーデンの歯科に興味を持ったのは大学3年生のカリオロジーの授業のとき。 スウェーデンの歯科の実態が知りたい!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *