自己紹介

初めまして。

スウェーデンに移住してきて1年と4ヵ月がたちました。
ここで歯医者として働きたくて日々奮闘中です。

なかなか珍しい体験をしていると思うので、
日々の生活、スウェーデンの歯科の実際や日本の歯科との比較を記録したいと思います。

スウェーデンに興味を持ったのは私が大学3年生の時。
カリオロジーの授業で、スウェーデンに詳しい先生がスウェーデンの予防型歯科の話をしたのにとても感銘を受けて、『将来絶対スウェーデンで勉強したい』と思うようになりました。

大学3年生が終わった春休み、どうしてもスウェーデンに行きたかった私は
母校の先生方の紹介でマルメ大学に見学に行けることになり2日間ですがカリオロジーの先生に大学や研究室を案内していただきました。
カリオグラムやなるべく削らない予防中心の歯科医療の話を聞き、
将来スウェーデンで学びたいという思いが一層強くなりました。

卒業後は大学院か、外国人向けの専門のコースに行きたいな、と思っていたところ
帰国後にスウェーデン人と出会い、卒業後結婚。

”外国人”としてお金を払い学ぶのではなく、”移民歯科医師”として歯科医師免許を取得するチャンスを手に入れたので、こちらで免許を取るべく今精一杯頑張っています。